2017年03月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫05月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.11/17(Sat)

かるいざ ”わん” Vol.4 (2007 秋)

かるいざ”わん” Vol.1Vol.2Vol.3
をお読みでない方は、そちらをご覧頂いてからコチラをご覧ください。


前日の遅くから、シトシトと雨が降っています。
予報でも長野県地方のこの日は終日雨の予報

せっかくの旅行で、しかも海、山の旅行で雨に降られると、ほとんど台無しです。
しかもさすがに高原ですから気温も低い。


朝8時過ぎ、ちゃありぃめーぷるの餌が終わると、僕らも朝食をとりにロビーへ。

弟夫婦とごえもんは、まだ夢の中?かな。

こちらのホテルの定番、
腸詰屋さんのシュペクローネをパンに乗せたセットをいただきました

IMGP4705.jpg



食事が終わった後、事件がおこります・・・・・






実はちゃありぃが、他のワンコに噛まれたのです



いま思えば、前の晩からこのワンコとはあまり折り合いが良くなかったように思います。
ちゃありぃは何度となく吠えられていました。

多少の威嚇は、犬同士では挨拶みたいなもの。僕らは気にも留めていませんでした。

でも彼らの間では、少なとも噛んだワンコは、夕べから思うところがあったのかもしれません。



朝、顔を合わせるやいなや、すーっとちゃありぃに近づき、
まずは立ち上がって前足でちゃありぃの顔付近を引っかくような仕草。
ちゃありぃもヤバイと思ったのか、吠え返すわけでもなく、逃げ出しました。

そこをうしろから追いかけて馬乗りになり、 ガブゥーッっと数回噛んでいます。

相手のワンコはちゃありぃの体重の倍以上あります。身体も圧倒的に大きい。勝負になるわけもなく、今まで聞いたことのないちゃありぃの絶叫が響き渡りました。

数回噛まれたようでしたが、最後はちゃありぃの首根っこを噛んだまま離しません。無理に2匹を離そうとすると、ちゃありぃが深く噛まれていた場合、傷口を更に大きくしてしまう可能性があるので、噛んでいるワンコにショックを与えたり、飼い主の方が叩いたりしていました。

ようやく2匹が離れました。


やむやむがちゃありぃを抱きかかえ、慰めながら、ケガの具合をチェックします。どうやら噛まれた箇所からの出血もないようなので一安心した直後、左目の下付近に出血を確認

ちゃありぃは毛が長いので、なかな傷口を見つける事ができません。
傷口は良く分からないままなのですが、出血は止まらず、しかも場所が目という事もあり、近所の動物病院へ直行しました。


この笑顔のまま楽しい旅行で終わるはずでした。
IMGP4701.jpg




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



病院につくなり、すぐに診察が始まりました。素人の僕らにはちゃありぃの傷口を発見できませんでしたが、先生はすぐに見つけます。

パックリと傷口が開いており、縫う事になりました。
注射数本と傷口付近の毛を剃り、縫合してもらいました。2針でした

傷口付近や眼球も、先生によく見ていただきましたが、多少、目の内側が打撲により内出血しているが異常は見られないという事。一安心です。




ちゃありぃは以前、他のわんちゃんが苦手でした。これじゃいけない!という事で、僕らは矯正すべく、他のわんちゃんたちとの触れ合いを促していました。その結果今では、自分から積極的に他のわんちゃんと触れ合う事が出来るようになりました。

今回のケガは、結果たいした事はありませんでしたし、時間の問題で完治するでしょうが、心に受けた傷がいかほどか・・・・・それが心配です。


また僕らも反省しています。『うちのワンコは、よそのワンコを噛まないから大丈夫』という発想でいたのですが、勿論迷惑をかけないという発想では間違っていないと思うのですが、『ウチのワンコが噛まれるかもしれない・・・・』という心配は、ここ数年なかったように思います。

いろんなワンコがいます。みんな様々な境遇で生きていますから、気性の激しいワンコや臆病なワンコ、優しいワンコ、それぞれです。それを『ウチの子は大丈夫だから・・・』で他のワンコも大丈夫だと、何の根拠もない勝手な思い込みをしており、その結果事前に防ぐ事ができなかったと反省しています。




病院を後にしホテルに戻ると、弟夫婦とごえもんが心配をして待っていてくれました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まだ10時半。こんな天気にもましてあんなハプニングがあり、暗い気分で旅行台無しのまま帰りたくなかったので、近くのアウトレットモールに遊びに行く事にしました。


ハロウインが終わったと思ったら、装いはもうXmasなんですね。

ちゃありぃの傷わかりますか? 縫合後なのでだいぶ目立たなくなりました。
IMGP4718.jpg



IMGP4722.jpg


IMGP4713.jpg



雨降りだと言うのに、ものスゴイ人でした。駐車場もいっぱい。
車のナンバーを見てみると、長野県・群馬県・埼玉県・東京都・神奈川県と広範囲から来ているのが分かります。


このあと、南軽井沢にあるドッグカフェ【あむ~る】へ行く事にしました。

URL:http://www3.karuizawa.ne.jp/~amour/

こちらにお邪魔するのは初めてです。お店は結構年季が入っているカンジ。

お店の雰囲気はこんな感じ。
IMG_5032.jpg

わんちゃん達の絵がたくさん飾ってありました。
オーナーさんは気さくな方で、写真をとっては印刷され、お客さんに配っていました。


朝からバタバタだったから、ごえもんはくたびれたかな?
IMGP4738.jpg


ちゃありぃは、やっと調子が戻ってきました。
IMG_5030.jpg


今朝の事がちゃありぃの心境にどう影響したのか、早速知りたかったというのもあり、居合わせたわんちゃんたちのところへ自由に行ける様に促してみました。すると・・・・鼻くんくんを始めました。今日ご一緒したわんちゃん達は、みな小型犬だったのもよかったのかも知れませんが、今のところちゃありぃは今まで通り普通に他のワンコ達と接する事が出来るようです。
あの事件の事は、ちゃありぃの中でしっかり整理がついたのかな?

【あむーる】を後にする頃には、いつものちゃありぃに完全に戻ってくれたようでした。


2週間後に抜糸となりますが、それまでの間、医者からは出来ればエリザベスカラーをつけるよう指示されています。でもエリザベスカラーはワンコにストレスが溜まるのであまりさせたくはないなぁ・・・・と考えていました。


そんな時お知り合いのレオ&ティガママさんが、ソフトタイプのカラーをお持ちであるという事を思いだしたやむやむが、使い勝手やその効果について教えていただきました。カラー自体は良い物らしいと分かったのですが、何せ状況が状況ですから今すぐ必要。どこに行けばすぐ手に入るかと思っていたら、レオ&ティガママさんのご自宅のすぐそばで売っているとの事。なんとレオ&ティガママさんが大急ぎで送ってくれました。

こちら。
IMGP4748.jpg








あんなに硬いカラーは、確かにストレスは溜まるだろうし、首は痛くなるだろうし・・・・。
でもこのカラーをつける時、ちゃありぃは自分から首を出しました。
壁に当たってもカツカツと音はしないし、寝る時は枕代わりになるし♪
気に入っているようです。
傷口が治ると今度は痒くなりますからね、触っては大変。
抜糸の日まではこのカラーがフル活躍してくれそうです。

さいごにレオ&ティガママさん、本当にありがとうございました。
この場を借りて改めて御礼いたしますm(__)m

今回、「愛犬を守れるのは飼い主次第」と身を持って体験しました。
大事に至らなかったのが不幸中の幸い、良い勉強になったと思ってます。

そしてちゃありぃは今、食欲もあって元気にしています!!


   帰りにポチっと♪   964206.gif
にほんブログ村 犬ブログ 犬 2頭飼いへ にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

テーマ : ☆多頭飼い☆ - ジャンル : ペット

12:05  |  旅行  |  TB(0)  |  CM(14)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ちゃありぃ君にこんな事件が起こっていたなんてショックです・・・v-409確かに加害者にならないようには、気をつけますが被害者にならないようにって難しいですよね。
ドーナツカラーを迅速に送ってくれた
レオティガママも流石でしたね。
こういうことってすごく助かりますよね。ちゃありぃ君の心の傷は、お二人や、めーぷるちゃんが側にいてくれるから癒えるのも早かったのだと思います。愛が救うって本当ですねv-353
トコ | 2007.11.17(土) 14:25 | URL | コメント編集

楽しい旅行で、そんなことが起こるなんて・・・。
ちゃありぃ君、怖かったでしょうね(T_T)
こちらが加害者になってしまうことについては、ワンコですから
「絶対」はないんだ、と思って気をつけるようにしています。
でも、相手のワンコに対して、どこまで警戒すればいいのか、
というのは難しい問題ですよね。とても考えさせられました。

事件の後もちゃあぃ君が他のワンちゃんと
ご挨拶できて、本当に良かったです。
どうかお大事にしてくださいね!
さえ | 2007.11.17(土) 14:56 | URL | コメント編集

もう・・・読んでて涙が出ちゃいましたよ。

ちゃありぃ君がチョットワンコが苦手なのをブログで知ってましたから。
そして、めーぷるちゃんを皆と遊ばせるように・・・少しずつポメちゃん達の中にも上~手に 馴染ませていかれたご夫妻の努力を感じてましたから・・。
そして最近 どこに行っても嬉しそうに笑うちゃありぃ君を本当に良かったな~と拝見してましたから・・。

こんな事があるんですね。
ドッグランでも時々そういう話をお聞きします・・・。
どこまでどうしたら良いのか・・答えが見つかりませんが。

どうか ちゃありぃ君のトラウマにならないように・・・またポメちゃん達の中にも普通に入って行ける様に 心から願ってますよ。

噛まれてる自分の子供を見た時の お2人の気持ちを思うと 本当に胸が潰れる思いです。 

皆さんの心の傷が早く癒えますように・・・。
かいまま | 2007.11.17(土) 17:50 | URL | コメント編集

大変でしたねっ・・・(/_;)
うちも以前はお向かいのラッキーくん(柴犬)とレオの時だけは仲がよかったのですが。。。つばさを迎え・・・ラッキーくんに花ちゃん(チワワ)を迎えるようになったら
お互い警戒心が強くなってねっ(>_<)
一度レオがラッキーに咬まれたのですよっ!
大事に至らなかったのですが
それ以来・・・レオママもこちらが咬むってことより
咬まれるって警戒するようになりました(ーー;)
ちゃありぃちゃん元気そうでなによりでした!
YAM★YAMさんとやむやむさんの対処も感動です(/_;)
めーぷるくんも心配だね。。。
レオママ | 2007.11.17(土) 19:13 | URL | コメント編集

読んで涙が出てしまいました。
ちゃありぃちゃんの恐怖 やむやむさんご夫妻の
この時の心境を思うと・・。
でも本当大事に至らなくてよかったです。

最近 犬のことを知れば知るほど 犬のことが
怖くなってきました。
競技会場に出てくるような犬でも 飼い主さんの指は
絆創膏だらけだったり(汗)
そう言う私もはぴぃとの闘いは続いています。
最近思うのは犬はやっぱり動物!!
いろんな面においてもです。

同じ犬種・色のワンちゃんを見ると
ちゃありぃちゃん思い出してしまうかも
しれないので しばらくは注意してあげた方がいいかもですよ~! 
ちゃありぃちゃんお大事にね。。。
みき | 2007.11.17(土) 19:47 | URL | コメント編集

●大事にいたらなくてよかったですね。

本当にトラウマにならない事を祈ってます。家のいちごも小さい頃は他のワンコと仲良く出来たのですが似たような事があり‥今は散歩も他のワンコとあわない時間、ルートでさせてますが、ほたるが亡くなり一人ぽっちで可哀想でなりませんが他のワンコを見ると狂ったように吠えて飛び掛ろうとするので‥
メープルも心配しているのかいつもより何となくしずんだ表情にみえます。
北海道人 | 2007.11.17(土) 21:06 | URL | コメント編集

読み終わるまでヒヤヒヤしちゃいました(><;)
ちゃありぃちゃん怖かったでしょうね。
私もね一度道端で二匹のワンコちゃんを連れた方に声をかけられて話していたんです。
豆は抱っこしてたんですが・・豆に飛びかかろうとしてたワンコちゃんの歯が私の足に引っかかったんです。痛いって思ったんですが豆に何が起こったわけではなかったので、お別れしてから足を見たんです。ジーンズに2箇所穴が開いていて足から血が出ていました。シーズーちゃんだったんですよ。
そんな大型犬でもないのに・・
その時、豆を守ること・・強く考えました。
でもお友達とも触れ合わせてあげたいので難しいですよね。
お二人もビックリされたでしょうね。
お気持ち考えると冷や汗が出ます。
ちゃありぃちゃん・・めーぷるちゃんがいてくれるのもいい事なんでしょうね。早く良くなりますように・・。
ミーシャ | 2007.11.17(土) 21:26 | URL | コメント編集

読みながら、ちゃありぃちゃんとパパさんママさんがどんな思いだったかを考えると胸がつぶれる思いでした・
最近うちの、義姉が昔飼ってた ヨークシャの話しを聞いたばかりでした・
大型犬からはらわれ一撃で即死だったそうです・
ワン同士のふれあいは大事な事だけど
危険もつきまとう事も よ~く考えなければと 思いますね
ちゃありぃちゃん 抜糸まで大変だけれど 頑張れ(^。^)
そよかぜちゃん | 2007.11.17(土) 21:58 | URL | コメント編集

ちゃありぃくん、びっくりしたでしょうね。家のワンちゃんは大丈夫と思っていてもわからないですからね。
ゆずも散歩中に柴犬ちゃんに噛まれたことがあります。柴犬ちゃんはつながれている状態ですから、近づけた私が悪かったのですが(--;)
毎日挨拶していたので、大丈夫!と思って近づけたら、ガウガウ‥とゆずの背中に乗っかられ、瞬間傷もそうだったのですが、膝蓋骨ですので足‥と思いましたが、両方大丈夫でしたが‥
たまにこのワンちゃんの前を通ると
吠えますね‥覚えてるんですよね‥。
大怪我じゃなく本当によかったです。
ななっち | 2007.11.17(土) 22:01 | URL | コメント編集

●コメントありがとうございます(byYAM★YAM)

みなさん、ご心配おかけいたしました。ちゃありぃは、意外と図太いのかも・・・・(笑)復活の兆しもチラホラ。


v-354トコさんへ

ありがとうございます。
あむーるでのちゃありぃは、ほぼいつものちゃありぃのように思いました。その後お散歩にも行っており、大きなワンコに自分から近づいていったとか・・・・。

もう少し観察する必要があると思いますが、希望をもって見守りますね。

レオ&ティガママさんの迅速なご厚意にも感謝でした。


v-354さえさんへ
僕は初めてですよね?コメント、ありがとうございます。
本当に『自分達が?』または、『うちのワンコが?』そんな心境でした。

よそのワンコに襲われるなんて、考えてもみませんでした。

ワンコに精神的な後遺症が残るのも心配ですが、実は僕らにも残るのかもしれないという気がします。

実際には、やむやむが一番影響したのかもしれません。

ありがとございます。


v-354かいままさんへ

お気遣い、ありがとうございます。精神的な後遺症については、希望がもてるようになって来ました。

少し僕らも冷静になって、あと数センチずれていたら失明になったとか、めーぷるが被害にあったら、この程度ではすまなかったとか、ケガをして(させて)良いという訳ではありませんが、不幸中の幸いと受け取っています。

これからちゃありぃと僕とで、出掛けてきます。どの程度後遺症があるのか、確認してきますね。

ありがとうございます。


v-354レオママさんへ
そうですか。皆さん多かれ少なかれ、あるのですね。
いままでそういった事がなかったのが不思議かな。

ちゃありぃが子犬だったら、間違いなく精神的な後遺症が残っただろうなと思いますが、既に4歳であり、自分の経験として、ほとんどの他のワンコを敵対視したことがないはずです。

そういった総合判断が出来ると思いたいですね。

ありがとうございます。


v-354みきさんへ

おっしゃるとおりですね。

今は経過観察中。精神的な部分ももちろんそうですが、後になって噛まれた後遺症が出たりしないか見ています。

一度医者にもよく診てもらったので、大丈夫だとは思います。

ワンコと人間は違いますけど、僕の場合は男なので、昔さんざん喧嘩したりだ殴りあいだで歯が折れただ、怪我しただのと言う記憶があるので、どこかで『へいき、へいき』なんて思ってもしまいます。

でも人間じゃないわけで、それって根拠の無い気休め?なんて後でおもいました。

しばらくは様子をみながら、無理せずリハビリなんだろうなぁ・・・と思っています。

ありがとうございます。



YAM★YAM | 2007.11.18(日) 05:54 | URL | コメント編集

●コメントありがとうございます(byYAM★YAM)

みなさん、ご心配おかけいたしました。ちゃありぃは、意外と図太いのかも・・・・(笑)復活の兆しもチラホラ。



v-354北海道人さんへ

いちごちゃんもですか?本当に皆さん多かれ少なかれあるんですね。

めーぷるはどこまで分かっているんですかね。一部始終見ていたハズですから。

ってことは・・・・、後遺症はこっちに飛び火するかも知れませんねぇ・・・。

2匹ケアは厳しい。
こっちも様子を見るようにします。

ありがとうございます。


YAM★YAM | 2007.11.18(日) 06:03 | URL | コメント編集

●コメントありがとうございます(byYAM★YAM)

みなさん、ご心配おかけいたしました。ちゃありぃは、意外と図太いのかも・・・・(笑)復活の兆しもチラホラ。

v-354ミーシャさんへ

自分の家のワンコも、よそのワンコも、単純に遊びたい、仲良くしたいと思っていただけなのに、実は体の大きさや体重差のせいで、じゃれたつもりが怪我をさせてしまった・・・って事もあるのでしょうね。

ヤバそうと思ったら、引き離すという事が大事なんでしょうね。

悲しい事かもしれませんが、場合によっては一切接触を断つと言うのも有効なのかもしれません。

ありがとうございます。



v-354そよかぜちゃんへ

一発で即死??? 
考えさせられます・・・・。実は今、ちゃありぃと近所の湖へ行ってきました。

早朝からですが、お散歩のワンコがたくさん。

気温も低く、地面におろすとちゃありぃが寒がるので、ずっと抱きかかえたまま散歩したのですが、ゴールデンを見るや、『ゴールデンの方へ行きたい!』と大騒ぎ。トイプードル3匹とすれ違った時も、『遊びたい!!』と大騒ぎ。

噛んだワンコと同犬種のワンコとすれ違った時は、『・・・・』無反応でした。

とはいえ概ね安心しました。

また報告しますね。ありがとうございます。


v-354ななっちさんへ

ひゃ~そうですか。ウチと状況が似ているなぁ。ちゃありぃも馬乗りになられていましたし・・・。

覚えていてくれている事は、決して悪い事ではないと思いますよね。でも過剰に恐がってしまうようになってしまうと、ワンコも飼い主も不幸です。

時間をかけて慌てずにちゃありぃの心のうちを探っていこうと思います。

ありがとうございます。
YAM★YAM | 2007.11.18(日) 08:23 | URL | コメント編集

ビックリしました。
縫うほどのけがになってしまうなんて可哀想に・・・(;_;)
身体の傷も心配ですが、心についた傷がどうなのか気になりますね。。
ちゃありぃ君は優しくてイイコだから加害者になることはなくても、こうやって被害者になってしまうことがあるんですね。

噛んでしまったワンちゃんが悪いとはいえ、仕方のないことかな、とも少し思えます。。
どうしても相性のよくない犬同士っていると思いますし、もちろんYAM★YAMさん達が悪いことなんてありません(’-’)
今はちゃありぃ君が早く良くなることを願っています^^
ヒサノ | 2007.11.18(日) 13:22 | URL | コメント編集

●コメントありがとうございます(byYAM★YAM)

やっぱりちゃありぃは図太かった?

v-354ヒサノさんへ

今朝、ちゃありぃを外に連れ出したのですが、精神的な後遺症はほとんど感じられませんでした。

僕も一安心。

これが子犬の頃にこういった経験してしまうと、なかなか簡単にはリカバリーと言うわけにはいかなかったのかもしれませんね。

ありがとうございます。


YAM★YAM | 2007.11.18(日) 20:52 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://charlie3maple.blog100.fc2.com/tb.php/124-e9eeeb1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。