2017年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.09/12(Wed)

Dimension

今日は、バンド・音楽ネタを


音楽が好きで、好きな音楽を演奏したいと言う思いで、高校1年生からバンドをやっています
幸いもメンバーにも恵まれ、この歳までバンド活動を続けてこれました。


ただ、大学生くらいからでしょうか、普通に音楽が聴けない自分に気がついたのです・・・
もう少し噛み砕きますと、自分のやっているドラム中心に音楽を聴いているのです。演歌であろうと、CM曲であろうと、商店街で流れる曲であろうと、勿論普段聞く音楽であろうと、楽曲そのものを聞くのではなくて、楽曲の1パートであるドラムだけを聞いてしまうのです。

ドラムだけしか聴けない・・・といっても過言ではありませんでした。
ドラム以外の音は、ぼぁ~んと後ろで鳴っているよう・・・・、そんな感じです。

それは自分では一種の病気のように感じました

自分ではそれがイヤでイヤで・・・・、でも無意識にやっている事ですからどうしようもないのです。




ところが、20代の後半頃から、徐々にですが音楽を変に意識せず音楽として聴けるようになって来ました

当初は何がきっかけだったのかはわかりませんでした。でも後で気がついた事は、所謂リズムが打ち込みの曲については、変に意識していないという事でした。

つまり機械がやっている事という意識が先に立てば、普通に聴けるという事なんだと思います。

この頃から気持ちが楽になり、徐々に改善してきました。

要は妙に意識しすぎだっただけなのでしょうね。



普通に音楽を聴けるようになって好きになったグループがこちら

Dimensionです

Dimensionのオフィシャルサイトはこちら


DELLのパソコンじゃありませんからね。

詳しい説明はしませんけれど、Fusionグループでありながらメンバーは、サックス・ギター・キーボードの3人のみで、ドラム・ベースのリズム隊はいません。

元々ギターの増崎さんは、ソロの頃から好きだったので、入りやすかったというのあるかもしれません

彼らの曲は比較的打ち込みの曲が多いのも僕のリハビリには役に立ったのかもしれません。

とにかく、キャッチーで大きなメロディの曲が多いので、聴きやすいと思います。



彼らのアルバムの中でも(既に15枚を越えるアルバムが出ています)、個人的にはのアルバムが好きです。


Dimension 14th Hearts 




CASIOPEAもSQUAREも、さすがに皆さんいい年にも成ってきましたし、日本のFUSION界をリードするのは、彼ら以外にいません。

是非1度聴いてみてください。



恒例のお手伝いです









是非ともポチっと
FC2ブログランキング


なんとかポチっと



いつもありがとうございます

スポンサーサイト

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

20:43  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2007.08/22(Wed)

夏の音楽・・・VOL4

今日の甲子園の決勝戦、劇的な結末が待っていましたね

それと同時に、2007年の夏の終わりを感じました。


夏に合う音楽のご紹介も、今日で一旦終わりとしたいと思います。



今日は、日本のボッサ・ノバギターリストの第一人者、 佐藤 正美さんです。

僕らが佐藤さんを知ったのは、今から4~5年前の札幌在住時代。TALGOという曲に魅了されました

佐藤さんは何枚もCDを出されていますが、その中から何枚かをピックアップ

まず1枚目は、ヒーリング・ボサノバです。



ボサ・ノバの名曲をアレンジして収録されています。

試聴は、こちら



2枚目は、ヒーリング・ボサノバ2



こちらは、ボサ・ノバだけではなくてJAZZもアレンジされ収録されています。


この2枚はどちらも、海岸で聞くというよりは、海沿いのCAFEでBGMとして流れているといった感じの曲調です

試聴はこちら


最後にもう1枚

TALGOが収録されているCDです。




試聴は、こちら

大人のヒーリングCDでした



是非ともポチっと
FC2ブログランキング


なんとかポチっと



いつもありがとうございます



テーマ : わんことの生活 - ジャンル : ペット

21:34  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2007.08/13(Mon)

夏の音楽・・・・VOL.3

今年は梅雨明けが例年よりも遅く、『夏が待ちきれない~』と僕等夫婦は大分ヤキモキとしましたが、梅雨が明けたら明けたで、連日灼熱の太陽が猛暑を届けてくれています


夏に合う音楽といっても、人それぞれ感じ方も違うし、一概には言えませんが、最近夏と言えば・・・っていう人(ミュージシャン)があまりいないと思いませんか

5月の連休明けに、毎年いかにもを意識したアルバムが発売され、真夏の時期は全国ツアーみたいな方々という意味です

サザン(僕はちっとも夏だとは思いませんが)やTUBUがそうだといえば、確かにその通りかもしれませんけど、大分パワーダウンしていますよねぇ。それに、最近の人たちではありませんよねぇ。


以前は、山下達郎さんとか、大滝詠一さん(この方も微妙かもしれませんが)、杏里さんとか、他にも夏男夏女がいましたが、みなさんお年を召して、今更というお年でもなくなってしまったのでしょうか。

でもそれに変わる方々が出てこないというのが、ちと寂しい気がしますけどね(レゲエっぽいとか、一過性の方はたまにいますけどね)。




そしてそして・・・・、僕の好きな角松さんも以前は夏男でした。

この方も、 夏っぽさは曲調に残しつつも、最近はご本人の小難しい思いとかがテーマになっているような気が、個人的にはしています。

確かに人間歳をとると、いろいろありますからね。

今回は、 夏男真っ盛り だった頃の角松さんのアルバムを2枚ご紹介します。



1枚目はSea is a Lady です。

4988017052891.jpg



写真がアマゾンにはありませんでした。すみません。

このCDは、角松さんのアルバムにもかかわらず、歌がありません。全曲インストゥメタルです。主旋律は、角松さんのギターときています

これでもかぁというくらい、夏を感じさせる(無理やり?)アルバムだと思います。まるで、夏の押し売り夏の洪水

でも曲の爽快感は格別。試聴はこちら

僕は、角松さんの曲は歌モノよりもインストモノの方が好きなので、このアルバムはもう20年も聞いています。聞けば、海に行きたくなりますよ






そしてもう1枚が、上記のSea is a Lady に続くインスト2部作の最後、 Legacy of you です。


コンセプトは1枚目と同じではありますが、1枚目ほど、 ではありません。曲調にも幅があります。角松さんというよりは、どこかのFUSION BAND といった感じ。三味線とのジョイントの曲(津軽)などは、圧巻です

でもたま~に角松さんらしさが散りばめられていて、僕はこのCDも夏に聞いています






ということで、今回は角松敏生さんの2枚のインストCDを紹介させていただきました。

今のうちに、夏を満喫しないと・・・・

高校野球が終わり、24時間テレビも終わると、もう秋ですよぉ


是非ともポチっと
FC2ブログランキング


なんとかポチっと



いつもありがとうございます

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

05:10  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。