2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.02/28(Thu)

函館麺厨房 あじさい

YAM★YAM、またもや北海道ネタ、いきま~す

ラーメン話です。


以前の記事で、札幌の養源済というラーメン屋さんを紹介した時にも書きましたが、
あくまでも傾向として、札幌⇒味噌、旭川⇒醤油、そして函館⇒塩というのが北海道のラーメンの場合あります。

あくまでも傾向であり、札幌のラーメン屋さんにも塩もあれば醤油もある。旭川だって同じです。
もちろん函館も。

ただ僕個人は塩味は嫌いではないけれど、パンチがないのと途中で飽きが来てしまい、普段はあまり好んでは食べません。
函館でも何店舗か食べていますが、唯一リピーターになっているのがコチラのお店です。


函館麺厨房 あじさい さん


今までは五稜郭のそばにある本店に行っていましたが、ベイエリアにも新しくお店ができたとのことで、そちらへお邪魔しました。


IMG_9730.jpg


あじさいは、味彩だったのか・・・・・。

でも正式には、あじさいみたいです。
IMG_9729.jpg



このお店も。塩味だけではなくて、味噌も醤油も、そして北海道ではよくあるカレーラーメンもあります。
イカスミってのもあったような・・・・。

おススメは、焼葱背脂ラーメンの塩、または背脂ラーメンの塩です。っていうか塩味しか食べたことがありませんし、塩味以外のラーメンを注文する人も多くはないように思います。

今回は。背脂ラーメン塩味です。

IMG_9721.jpg


スプーンの上には特性の調味料があります。マー油と何かを混ぜたものとか。

僕はいつも半分はこのまま食べて、残りの半分になってから調味料やコショウを入れます。
そうすると最初は品のいい塩味を楽しめつつ、後半はまた違った風味で飽きずに食べれるからです。

コショウと言えば、これ ラーメン専用のコショウです。
IMG_9727.jpg


作っているのは関西の会社のようですが、比較対象が東京と北海道になりますが、北海道のラーメン屋に置いてある比率がとても高いと感じています。

個人的に好きです。

あじさいさんは、最近では札幌や新千歳空港内にもお店を出しています。機会があれば是非


函館麺厨房 あじさいホームページへ


帰りにポチっとね
FC2ブログランキング


そのポチリがうれしいです
ブログランキング・にほんブログ村へ



いつもありがとうございます
スポンサーサイト

テーマ : 地域情報 - ジャンル : 地域情報

22:00  |  北海道  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2008.02/25(Mon)

鰊みがき弁当

超お久のYAM★YAMです。

先日函館に行ってきましたので、こちらも久々の北海道ネタをアップします。


函館は札幌在住当時50回以上も通った街です。もちろんシゴト?ででしたが、ご承知の通り、
本当に旨い魚が街中に氾濫している街です。イカについては言うまでもありませんね。

そんな函館に実に5年ぶり行ってきたわけです。

その函館にどうしても寄りたい駅弁屋があります。『ど~せ駅弁の旨いはたかが知れている』なんて思わないで下さいね。
本当にヤミツキになる人が多いのです。勿論僕もその一人。

でも何せ5年ぶり。流石の人気商品も今でもあるかどうかは・・・・、なんて半信半疑で行ってまいりました。

売っている場所は、JR函館駅。
IMG_0348.jpg


ここを正面入り口から入り、改札の手前の左側に、みかどというお店があります。
IMG_0343.jpg


ここで売っています。
午前10時半頃にならないと当時は店頭に並びませんでしたので、この日は11時過ぎに。

ありました。コチラです
IMG_0344.jpg



その名は、鰊みがき弁当です。

中身を見ていただければ分かりますが、素朴なお弁当です。でも飽きないのです。

IMG_0353.jpg




鰊と数の子とお漬物だけ。でも本当に旨いので、函館に行ったら是非ともご賞味下さい。

しかし実物よりデカイかも(笑)。


この実物よりデカイ写真を見て、横でやむやむがcharlie&mapleのブログを汚すネタだと言ってます。




帰りにポチっとね
FC2ブログランキング


そのポチリがうれしいです
ブログランキング・にほんブログ村へ



いつもありがとうございます
15:12  |  北海道  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2007.11/10(Sat)

大倉山シャンツェ

北海道のお話です。

札幌に旅行で立ち寄ったとして、観光するとしたらどこに行かれたいですか

行ってみてがっかりする時計台モエレ沼公園 旧道庁大通り公園散策のあとのテレビ塔

やはり自然豊かな北海道では、自然こそ観光の対象であって、それ以外は(人造物)・・・・・全般的に結構厳しいという印象を持たれているように思います



自然の素晴らしさ、雄大さに匹敵する程の人気を集る施設を北海道で求める事自体ちょっと違うかも・・・。
歴史的な建造物といっても明治以降に立てられたもの。


でも逆に歴史が変に長くないからこそ、計画的な街づくりが出来たとも言え、あの綺麗に整備された碁盤の目の町並はその象徴。

交通の要所、つまり駅(札幌駅)を配置し、その駅から歓楽街(すすきの)の間に商業圏とビジネス街、公園(大通り公園)を配置した人の往来を意識した構成は、地方都市計画のモデルとまで言われた時代があります


とは言っても観光客としては、『大きな街のわりには意外と札幌はみるところがないよねぇ~』という事で、隣の小樽へ行ってしまうパターンが多いように思います。

札幌は、泊まる所であり、食べる・飲むところと言うわけです。


異議ありっ

と思うのですが、何せ2泊3日だとか3泊4日とかで、函館⇒札幌の旅やら、札幌⇒ニセコ⇒洞爺湖やら、冬はスキーのついでの最終日に札幌・小樽巡りなんて調子では、札幌に見るものがある・ないにかかわらずそもそも見る時間がないのが現状ではないですかね。


意外と札幌市民でも忘れがちな名スポットが、今日の大倉山シャンツェです。
大阪の方々の通天閣、東京の人々の東京タワーに近いものがあるかもしれません。『近くていつでも行けるし、その外観だけはいつも見ているから・・』です。

大倉山シャンツェは、実は大通り公園からやススキノ界隈の国道36号線の辺りからだと普通に見えます。

1972年の札幌冬季オリンピックでは、スキージャンプのラージヒルの会場になった場所でもあります。改修工事は何度かしているようですので、おそらくその頃とは様変わりしているのでしょう。


でも実は道外からの人には意外とウケるんですよ(これも通天閣や東京タワーと同じかも)

ウケる理由

①街中からとにかく近い(街中から15分ほど)
②誰でも知っている(ちょっと気になる存在だけど・・・)
③はじめて見た人には(程度感の差こそあれ)感動がる
④景色がきれい
⑤ジャンプ台もキレイ

        以上 YAM★YAMリサーチ社

皆さんの持たれた大倉山シャンツェの印象をまとめると、こんなところでした。今までおそらく何十人という人を連れて行きましたが、皆事前に期待していないからか、必ず良い反響が返ってきています。


前フリが長くなりました。ではど~ぞ!


IMGP4150.jpg


この日は快晴綺麗に写っていますね。

IMGP4153.jpg


いつも思うのですが、観客スペースが少ないです。
超満員で見ることができない・・・なんてほとんど無いからでしょうね。


ジャンプ台横のリフトから、ジャンプ台の上へ上がってみます。

振り返るとこんな景色が・・・・
IMGP4158.jpg

僕は高所恐怖症なので、真下は恐くて見れません・・・・

でも街からの近さも分かるでしょ?

ジャンプ台の先端まで上がってきました。五輪のマークがあったのですね。
IMGP4159.jpg


ジャンプ台上部の建物屋上にある展望台から札幌を望むと、こうなります。
IMGP4161.jpg


札幌駅からビジネス街・大通り公園・商業地区・すすきのと、一望に眺める事ができます。手前に見える野球場は、丸山球場です

夜景はさぞかしキレイでしょうね

ジャンプ台の下にリフトで下りてみる、なんとジャンプの練習が始まりました。


このジャンプ台は冬だけでなく、通年でジャンプが出来るようになっているのです。夏でも大会が開かれたりしているんですよ。


とはいえ夏場は人工芝なので、ジャンプの前にはスプリンクラーで都度水がまかれます。

IMGP4167.jpg IMGP4168.jpg



IMGP4176.jpg


いよいよジャンプです

IMGP4170.jpg


わかりますか?ジャンプ台の『OKURA』の文字のRの直下に、青いスーツの人が飛んでいます。

近くで見るのは何度目かですが、やはり迫力が違います。それに風を切る音が結構大きいんですよ。

高所恐怖症の僕には絶対にムリですけどね。

驚きと新発見があなたを待っている大倉山シャンツェ、機会があれば是非。


大倉山界隈、実は他にも名所が沢山あります。こちらのご紹介もまたの機会に・・・・。札幌にも見るところは結構あるのです。

食べるところ・・・・ってのは、大正解ですけどね


帰りにポチっとね
FC2ブログランキング


そのポチリがうれしいです
ブログランキング・にほんブログ村へ

いつもありがとうございます
07:32  |  北海道  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。